悲しい夫婦と錠剤
  • ホーム
  • 生での性行為における射精抑制にポゼットの使用

生での性行為における射精抑制にポゼットの使用

早漏は男性特有の症状であり、男性特有の悩みにもなります。
性行為前、もしくは性行為中に自身のコントロールによって射精を抑制できない症状を一般的に早漏といい、およそ一分程度の時間で射精に至ってしまう症状も早漏とされます。
早漏は男性自身の満足感の消失、男性自身の自信の消失のみならず、パートナーにも不満を抱かせる要因ともなり、パートナーとの信頼関係の悪化にも繋がる近因ともなり得る症状です。
また避妊具を使用しないまま行う、いわゆる生の性交の場合、射精を抑制できないために膣内に射精してしまい、妊娠の可能性が高まってしまうことも可能性としてあり得るものになります。
早漏は肉体的な要因よりも精神的な要因が大きいと考えられ、治療には個人差はありますが、長い期間が掛かることも十分に考えられます。
そうした際、ポゼットは精神面のケアが不要となる早漏の治療薬として機能し、早漏を改善させる薬として有効なものになります。
ポゼットは同様に早漏の治療薬であるプリリジーのジェネリック医薬品とされ、プリリジーよりも比較的安価に購入することが可能になっています。
ポゼットは脳内のセロトニンの濃度を濃くし、交感神経の亢進を抑制する働きがあるとされています。
そのため、射精までの時間が長引き、早漏が改善する作用があります。
効果には個人差がありますが、およそ平常時の3倍から4倍の時間の延長があるとされ、アメリカにおける臨床試験では3分から4分の延長があったと報告されています。
服用方法も性行為のおよそ1時間前に1錠を服用するだけと手軽であり、容易に使用することができる薬になっています。
副作用としては吐き気、下痢がありますが、副作用が起こることは少ないとされ、安全に使用できる薬になっています。

関連記事