悲しい夫婦と錠剤
  • ホーム
  • 射精抑止筋群とポゼットと薬物治療

射精抑止筋群とポゼットと薬物治療

早漏の原因には精神的なものと肉体的なものがあります。
精神的な原因としては経験不足による不安やプレッシャーのほか、ストレスや早漏コンプレックスなどが考えられます。
また肉体的な原因としては陰茎の知覚過敏や、射精をコントロールする筋力の不足が挙げられます。
このほか中年以降は、精力減退に伴って持続時間が低下し、早めに射精しようとする心理が働く場合もあります。
いずれにせよ早漏の克服は、生活の質を高める上でも重要なことです。
排尿や排便を我慢するのと同じように、射精も意志の力によって、ある程度まではコントロール可能です。
このとき働くのが射精抑止筋群です。
正式な筋肉の名称ではありませんが、骨盤下部にあって排尿を止める筋肉に該当すると考えられます。
射精抑止筋群を鍛えるには、肛門周辺の筋肉に力を入れたり緩めたりします。
これを何回も繰り返すことが、一定のトレーニングになると言われています。
またマスターベーションの際に、射精の直前で我慢するスタート&ストップ法も、射精抑止筋群を鍛える方法のひとつになります。
筋肉を鍛えても早漏が改善しないときは、精神面からアプローチする必要があります。
手っ取り早いのは薬物治療で、現在では世界各国で承認された医薬品も出回っています。
そのひとつがポゼットで、ジェネリックなので手頃な価格で入手できます。
ポゼットはセロトニンの分泌を促し、脳の緊張を和らげることで、射精までの時間を延ばす効果が期待できます。
時間が3~4倍に延びたという実験データも発表されています。
ただし日本では認可されていないため、一般の薬局では手に入りません。
購入するなら個人輸入代行の通販サイトを利用するのが便利です。

関連記事