格安航空券の支払い方法はどれでもいいのか?

国内の旅行も以前と比べると、格安航空券で、安く行くことができます。なので、連休や夏休みや年末年始でなくても、手軽に行っていても大きな負担にはならないでしょう。空の旅も格安航空会社のおかけでかなり、身近になりました。

そんな格安航空会社に予約したときに、支払い方法はどうしていますか。あまり気にしていない人は、それぞれの支払い方法の特徴も知れば、より購入もしやすくなるでしょう。

クレジットカードでの支払いの場合

予約において、この方法で支払いをすると言う人も多いでしょう。
また大手のJALやANA、格安航空会社の一部ではクレジットカード会社と提携していて、クレジットカードを使うことでマイルを貯めることができます。マイルが貯まれば、無料の航空チケットとも交換できるので、大手で早割やマイルシステムのある格安航空会社の場合には、積極的にクレジットカードを使いましょう。

あと、キャンペーン時などは予約の競争が激しいです。支払いまでしないと航空チケット予約が確定とならないことがあり、いざ支払おうとしたら他の人に取られることもあります。予約が殺到しそうな時期や路線では、クレジットカードで素早く確定させましょう。
なお、使えるクレジットカード会社も変わることがあるので、前もって確認しておきましょう。

口座振り込みやコンビニ払いの場合

こうしてみると、クレジットカードがいいのではと思ってしまいます。しかし、確定すると言うことは格安航空会社の場合、キャンセルできず返金がありません。

予約はしたいけど変更になるかも、もしくは早めにとりあえず抑えておいて他も探したいときには、銀行振込やコンビニ払いにしておくといいでしょう。だいたい24時間くらいは支払期限があるので、それまでに他を探したり、予定を調整することができます。
ただし、もし決まっているのであれば早めに支払いをしないと、他の人が支払いして確定されてしまうこともあるので、要注意です。

もしもなんらかの事情でクレジットカードが使えないときには、これらの方法が無難と言えるでしょう。

払い戻しについてはどうなるの?

もしも、天候不良や格安航空会社の都合により欠航となった場合には、それぞれの支払い方法に合わせて払い戻しがあります。クレジットカードだとクレジットカードへ、さらに銀行振り込みやコンビニ払いならば銀行口座へとなります。

国内の格安航空券の支払い方法は、予定の状況や予約のとりやすさや時期を考慮しながら、使い分けていくといいでしょう。

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →